会議では前振りは短く、要領よく話してほしい

こういってしまうと味気ないと思われるかもしれませんが、話というのはできるだけ短く、そしてわかりやすくしたほうが良いでしょう。
研修だとか講習だとかでは、相手に伝える必要のある内容というのは無限ではないですよね。
限られた時間を使って、伝えるべき内容をなるべく理解しやすく説明するためには、話の構成というのも大切になってきます。
基本的には、大きなまとまりから話を始めて、それを補足するように、少しずつディティールを説明するのが普通でしょう。
大雑把に言ってしまえば、そういう話の進め方が、ほとんどの場合において有効ではないかと思っています。
こんなことを思ったのは、先日、担当者同士の会議の中で、やたらと前振りの長い話をする人がいたんですよね。
あまりにも長いので、いちいち最初に専門用語や数値の説明をしなくても、そんなことは書類に目を通せばわかると言ってしまいたいほどでした。
結論があるのであればそこから始めて、その結論に至るまでのプロセスというのを細かく説明して欲しいものです。
話の下手な人というのはけっこういたりするのだが、どうにもそういう思考が足りていないような気がしてなりません。