嗜好のリーディングで小説の収納ロケーションを求める常々。

昔から、割とリーディング(というか活字?)が好きですが、大人になってから自分でプラスを稼ぐようになってからは、
ほしいマガジンを複数払えるようになり素晴らしい反面、その入庫場所に段々窮するようになってきました。
昔は、学業や公共の書斎においていたので、決してマガジンが加わることはなかったので、とりあえず有する
本棚でさまざま間に合っていましたが、今は建物にどれだけ居残るんだろう??数えたことはありませんが、戯画やその他文庫本などを
併せたら1,000冊以上はあるかもしれません。
マガジンを貰う時折、ともかくうれしいかどうかわからないので、いよいよよむ美術家の場合には、きっちり古本を買っていらっしゃる。
気に入れば、その美術家さんの出した作をみんな読まないって気が済まないので、美術家さんによっては、何十冊も買うことに
なります。そういった時には、総じて古本でそろえているので、それほどの出金にはなりません。
しかし、入庫フロアが困るんですよね…。
本来、自分の客間の壁にズラッといった並べたいポイントなのですが、私の客間には邪魔がない!!
窓や客間の入口などで、側面みんな邪魔、という部分がないのです。
しかたなく、あちこちに小さめの本棚や入庫棚などを置いて、そこに収納していますが、近々、そっちも一杯になりそう…。
かく至る冒頭は、お父さんの書屋に…とも思っていますが、そこにも今や私のマガジンが200冊以上はあるので、次はどこに置けばいいんだか。
身はマガジンを買うと、その1冊を何回も読み直すので、見切るという選択はないし。
次は、どこにマガジンを置こうかと苦しむ日々は続きます。ミュゼ 100円 脱毛