電動ミルを買いました

家で、おいしいコーヒーをのみたいなぁって思い立ち、電動のミルを購入しました。
戻り途中にコーヒー耳よりの用意暖簾に行き、お暖簾の人材にお勧めを聴き、耳よりもゲット。
お家についてウキウキしながら、コーヒー耳よりの手提げ袋を開けると、ふんわりコーヒーの悪臭が立ちこめそれだけで、夢見心地に。
規定の数を量り、ミルの露呈。耳よりが挽かれていく過程でもう一度、コーヒーの悪臭が強くなります。30秒ほど耳よりを挽き、スタンバイオッケー!
沸かしておいたお湯をゆったり、やさしく注ぎいれ、ドリップしていきます。最初に少しの数のお湯を入れたら、もこもこっって耳よりが水分を含み膨れて来るではないですか。カップデザートみたいだなぁ。嬉しい。今までそんな事柄見た実例ない。自らにやにやしながら、コーヒーの出来上がりを待ち受け、コーヒーの悪臭に包まれる一時。こういうゆっくりとした間隔がだいぶ好き。
出来上がりの琥珀コントラストのコーヒーは、実際美味しくて幸せな昼過ぎでした。