1歳児のランチタイムにしつけはどこまでしたらいいのか

お子さんとのメニューのチャンス。
離乳食ラスト期もおわり、ほとんどアダルトとおんなじコースを食べれるようになりました。散々はむずかしいものの、ある程度の時間なら椅子に座って食べ物を食べれるともなりました。今はスプーンとフォークの実習をしたり、コップの実習をしたり。少し授けるなければならないことはたくさんあります。
そこで近年考え込むのが、メニューのチャンスのしつけだ。
近年、少しずつ成否なのか、私情なのか、食べたくない!と発想ディスクロージャーをするようになりました。
父兄として正誤はしてほしくないですし、養分も考えて作っているので許したくはありません。
ぼくが拗ねるとお子さんは喚きます。口入れたものを出し、泣いて、また怒って、の繰り返しだ。
毎日3回のメニュー。各回この繰り返しをすると私もスタミナ闘争に繋がる。
しつけとして怒っているつもりではありますが、ちょいちょいこれで果たして良いのかと苦しむことがあります。
1年代のうちからこのやり方ではなはだ正しいのか。メニュー=面白い。がお子さんにとってそれほど捉えられているのか。五里霧中の毎日がこれからも続きそうです。産後 サプリ