電動ミルを買いました

家で、おいしいコーヒーをのみたいなぁって思い立ち、電動のミルを購入しました。
戻り途中にコーヒー耳よりの用意暖簾に行き、お暖簾の人材にお勧めを聴き、耳よりもゲット。
お家についてウキウキしながら、コーヒー耳よりの手提げ袋を開けると、ふんわりコーヒーの悪臭が立ちこめそれだけで、夢見心地に。
規定の数を量り、ミルの露呈。耳よりが挽かれていく過程でもう一度、コーヒーの悪臭が強くなります。30秒ほど耳よりを挽き、スタンバイオッケー!
沸かしておいたお湯をゆったり、やさしく注ぎいれ、ドリップしていきます。最初に少しの数のお湯を入れたら、もこもこっって耳よりが水分を含み膨れて来るではないですか。カップデザートみたいだなぁ。嬉しい。今までそんな事柄見た実例ない。自らにやにやしながら、コーヒーの出来上がりを待ち受け、コーヒーの悪臭に包まれる一時。こういうゆっくりとした間隔がだいぶ好き。
出来上がりの琥珀コントラストのコーヒーは、実際美味しくて幸せな昼過ぎでした。

おばあちゃんになっても面白く暮らす女の日毎

70才を過ぎた奥さんは俗にいう「お単独さま」。
元々周りも数多く、近所のユーザーとの知人もできてあり、
離れて暮す娘としては安心しているのですが、
とはいえ、独身では多々心配もあるのです。
ときには電話したり、会いに行ったり、どっかへでかけたりするのですが、
奥さんは特に忙しないのです。
体操実習や洋裁実習、お周りや近所のユーザーと出掛けたりで、真意を差し向けるのにも一苦労だ。
携帯電話にメールしても、忙しすぎてメールが読まれていない、なんてことはよくあります。

そんな奥さんが今最良夢中になっているのが、三代目JSBの岩田さんだ。
どうしてわかるのか、どこで知ったのか、誠にわかりません。
マンションに行くって、カレンダーやポスターが貼ってあるのです。
カバンにキーホルダー、ダイアリーにフィルムなど、あらゆるものに岩田さんがついていらっしゃる。
そのおかげでか、ずいぶん気持ちが幼くて、通常楽しそうだ。
過日映画も一緒に見に行きました。
とってもうれしみたいとしていたので、一緒にいて私も楽しかっただ。
これからもおかしい趣味を色々見つけて、いつまでも元気でいてほしいと思います。脱毛ラボ 料金